スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関ヶ原の合戦の頃に生まれたイチョウの木

昼休みにアメリカ大使館裏にある氷川神社へ行ってみた。

大きなイチョウの木は、落ち葉がいくつも山積みにされるほどの葉を落としていたが秋のなごりを残していた。
港区氷川神社のオオイチョウ


このイチョウの木は都内では善福寺のイチョウに次いで長生きしているそうで樹齢400年、関ヶ原の合戦の頃に生まれたと記されていた。
この氷川神社の歴史が300年だということだから、神社ができた頃にはもう100年経っていたわけだ。

長い時間を旅しているものに出会うとつい尊敬してしまうのはなぜだろう?

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

えいもんさん
ここでクワガタを探してはいるのですがまだ痕跡すら見つけられません。
山王神社と合わせて散歩コースにしています。

ポンパパさん
雌雄はわかりませんでした。来年はもう少し早く行って銀杏が落ちているか確認することにしましょう(^^
木に意識があって人間とコミュニケーションできたら面白いだろうにと思います。

たしかに

ぶっとい立派な木ですね。昔はもっと背が高かったのかな? 雌っぽい樹型してるけど、どっちですかね。木もやっぱり女の方が長生きするのかな? 我々の年の何倍もの長い時間じっと色々見てきたんでしょうね。っていろいろ想像しちゃう木ですね。

イチョウ

イチョウも九州あたりに行くと、クワガタが潜むそうです。
関東では考えにくいですけれど。
プロフィール

Seabat

Author:Seabat
よーこそ
 いらっしゃいましたm(__)m

まとまりの無いサイトですから過去記事でも遠慮なくコメント・TBしてくださいね(^^;;

ホームページ【色色】もよろしくお願いします。

カレンダー(月別)
05 ≪|2017/06|≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近のコメント
最近の記事
天気予報 はどうだろう?

-天気予報コム- -FC2-
全記事(数)表示
全タイトルを表示
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
リンクフリーです
相互リンクはご連絡ください
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。