スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハコフグの仲間

南紀の潮だまりはまるで水族館のように奇麗な魚が沢山泳いでいた。

ハコフグの仲間


こっちを見ているハコフグの仲間。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

クワ吉さん
海の様子だと南紀白浜、串本付近の砂浜のイメージと南端付近の磯が続くイメージの大きく2つの顔があるように思いました。
車だと私の家から8時間で南紀の南端へ行けます。
そこではヒラタ、ネブト、チビ、マメ、ルイス、キンキコルリ、ニセコルリ、ルリ、マダラ、ツヤハダが狙えることを思うと特に小型種好きにとって特別なエリアではないかと思います。

10年程前に和歌山出張の際、休日に何もする事がない
為東京からの出張者と一緒に南紀まで小旅行しましたが
冬だった為海岸には近づきませんでしたが遠目に見て
海は綺麗だったことは記憶に残っています。

また一度行ってみたい地ではありますが近いようで遠い地なので踏ん切りがつきません。(^^;

貧さん
>行きはフェリー、帰りは新幹線
宮崎行きのフェリーですよね。今は無くなっちゃいました。
陸路オンリーです(^^;

>安全な輸送手段
1回の給油休憩が最低限必要だと思いますが、7時間30分見れば大丈夫です(^^;
ブクブクを付ければ完璧かと(^^;;

行ってみたいけど遠いですよね~。
一度南紀には行きましたが、行きはフェリー、帰りは新幹線でした(^^;

奄美や西表島に行ったとき捕獲して持ち帰ろうと思いましたが、
安全な輸送手段が無く断念しました。
この時期に南紀からならなんとかなるけどな~。

水族館みたいでしたよ

古谷さん
確かに毎週末遊んでますが(^^;
南紀は海もクワ採りの重要なファクターでした。

えいもんさん
岸に近い浅瀬から遥か太平洋の沖合遠くまで、奇麗な緑と青のグラデーションが続いていました。
浅瀬が少ないせいか、雄々しい感じがする海でした。

間もなく一時(瞬間)帰国ですね、お帰りなさいませ。

貧さん
引潮で大小多数の潮だまりに色々な小魚が入ってました。
オレンジやブルーの魚も何種類も居ましたよ。
そうでした、貧さん熱帯海水魚も飼われてましたね。
房総のものは越冬出来ないと聞きましたが南紀もダメなんですかね。
競合者も無く網もあったのでその気なら掬い放題だったのですが、、、
行きますか?(^^

タイドプールの水温もかなり低くなっているでしょうけど
頑張っている魚たちもまだいるんですね。
比較的暖かい南紀串本の海ということもあるのでしょうか?
でも、いずれ死んでしまう死滅回遊魚なので残念です。
それともp串本あたりなら冬を越せるのかな?
捕まえてきていただければ当家の水槽に若干数避難させてあげられたのですが。

南紀の海はエメラルド色というイメージです。綺麗ですよね。

先日の南紀に行ったときの話なんですね。
てっきり、日光から帰った翌日、また海に行ったのかと(爆
プロフィール

Seabat

Author:Seabat
よーこそ
 いらっしゃいましたm(__)m

まとまりの無いサイトですから過去記事でも遠慮なくコメント・TBしてくださいね(^^;;

ホームページ【色色】もよろしくお願いします。

カレンダー(月別)
08 ≪|2017/09|≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近のコメント
最近の記事
天気予報 はどうだろう?

-天気予報コム- -FC2-
全記事(数)表示
全タイトルを表示
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
リンクフリーです
相互リンクはご連絡ください
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。