スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

♪八丈富士に真向いて~♪

羽田空港で先輩を待ちながら、これから向かう八丈島に一時期住んでいた四半世紀前のことを思い出していました。

高校1年生の1学期だけ在学した都立八丈高等学校の校歌をBGM(♪八丈富士に真向いて~♪)に、通学路の野イチゴが美味しかったこと、友人に浜遊(はまあそび)というバーベキューに連れて行ってもらったこと、そこでウミガメを生まれて初めて食べたこと、、、
溢れ出る思い出は、どれもセピア色だけど良いものばかり。。。

そんな思い出を持ちながら先輩と一緒に八丈島クワガタ採集へ羽田107番ゲートからバスに乗って向かいます。
飛行機にタラップから乗ることも少なくなりましたねぇ(^^;


その昔のYS11よりB737はやはり早かった。
島までのフライトは正味40分位でしょうか。
到着するとひとつ前の便で入られていた2人の先輩方と合流。
八丈島の虫屋さんとして有名な菊池さんの所に寄ってから早速採集開始、この島での経験豊かな先輩方のナビでポイントへ向かいます。
先輩方の運転とナビです。怖いものはありません! 夜は私が運転しますね(^^;


車の中で採集方法をお聞きすると、ハチジョウネブト・ハチジョウヒラタ・ハチジョウノコギリとも「材返し」という倒木の下を探す採集方法が主なようです。
その採集方法で、まずは島の中でもハチジョウネブトが集中的に採れる場所を試してみました。
倒木の下を探す「材返し」で出てくる出てくる、、、

ハチジョウネブト幼虫初採集シーンです。
材を持ち上げて覗き込んだ一瞬は、幼虫が採れた喜びの他に、俗にいう「ネブトマット」というものが「こーいう状態なのか!」という実感、そこからカミキリの幼虫も出てきてしまう不思議な感じ、そして今までの採集ではあまりお目にかからない微妙な生き物達への驚きがミックスした瞬間でした。

順調に幼虫を追加しながらその昔は段々畑だった場所を少しづつ登っていくと、ついにハチジョウネブトの成虫を見つけました。
ハチジョウネブト成虫登場


こんな調子で採集がはじまり、この後ポイントを変えながら、この日はチビクワガタ成虫、ハチジョウヒラタ幼虫、ハチジョウコクワ成虫、幼虫を追加し日没となりました。
奇麗な夕日。。。


味がついた魚とカラシが乗った島寿司1.5人前を食べて反省会。
明日の作戦を立てました。
島寿司は美味しいですよー。


二日目は、午前中はハチジョウカラスアゲハを採集します。
蝶の採集は午前中が狙い時なのだそうで、蝶が良く通る場所とやらへ向かうと、、、
ハチジョウカラスアゲハはカラスアゲハの亜種だそうです

先輩はしっかり奇麗な完品の個体を採集されました。
私も体験学習にと網を振らせてもらい、悪戦苦闘しボロながら採集することができました。

蝶採集も楽しいですね(^^;

さて、午後からはクワガタ採集に戻ります。
昨日でチビクワガタ、ハチジョウネブトクワガタは数が採れたので、ハチジョウヒラタクワガタと時期が早いながらハチジョウノコギリクワガタを重点的に狙うことにしました。

しかし思うように採れません。
先輩方はハチジョウヒラタやハチジョウコクワなどを追加しています。
材返し採集の難しいところは
・材がある場所を知らないと話にならない
・その材を他の人に返されていると当然虫は居ない
ということです。
そこで、フルーツトラップや材割りも試してみます。

倒木からはハチジョウコクワが、枯れ木の根部からはハチジョウノコギリがそれぞれ成虫と幼虫が出てきました。

バナナトラップは残念ながらアリしか来てませんでした(^^;

この日は車が山中で故障してしまい、牽引され代車に乗り換えるというハプニングにも見舞われ、この日はここまで。
林道で車が故障するって怖いですよ!


未採集はハチジョウヒラタクワガタの成虫、ハチジョウノコギリクワガタの成虫♀を残すのみ、明日の最終日にチャレンジです。

3日目の最終日は時折小雨が降る生憎の天気。
そんな中をハチジョウヒラタのポイントを探索します。

先輩方は成果を上げますが私は全くダメ。

この日はお土産にとアシタバを摘んだり、材割りで出したアラカワシロヘリトラカミキリを眺めたりして時間切れで終了。
アラカワシロヘリトラカミキリ Anaglyptus arakawae arakawae Kano


今回は、時期的に一番良いはずのハチジョウヒラタの成虫採集ができず宿題はできましたが、3日間という限られた時間の中で幼虫を含めると全種自己採集できたのは先輩方のおかげで感謝しています。
充実した採集と楽しい時間を沢山いただきありがとうございました。

また来るぞ八丈島!

テーマ : クワガタ・カブトムシ
ジャンル : ペット

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

産地直送

楽しみにしてます(^^

サプライズはまた違った形になります。
届いたら送りますね!

hideさん
同じ場所で同じ採集方法でも不思議と採れる虫と人が決まるのは可笑しかったですね(^^
運みたいなもんなんでしょうかね。

そうそう、カラス採集はたいへん貴重な体験でした。
蝶の道というものがあれほどハッキリとしているものだとは思いませんでした。

今回は本当にお世話になりました。
またいろいろと教えてくださいませ。

クワ吉さん
最初に行った場所ではネブトを私だけで5♂♂3♀、幼虫沢山出してます。
とても良い場所だったと思います。ありがとうございました。

また行かれるのでしょうか?
ノコが地面を歩きまわる様子を見てみたいですね。
また楽しんできてくださいませ。

健太パパさん
この時期だと蚊は全くいませんでした。
他の不愉快な生き物もほとんど居なくて、藪こぎがとても爽快でした(^^;

茄子さん
この時期はどの島も楽しみがありますから迷いますね(^^;
もう少ししたらオオですね(^^

お疲れ様でした。seabatさんは、神奈川隊の八丈島グループだったんですね。

お疲れ様でした

島寿司美味しいですよね、思い出しました
ネブトのポイントは蚊が多くて難儀しました

楽しかったですよ!

本当にお疲れ様でした。

最初に行った場所は2年前はもっと奥までポイントが続い
ていたのでもっと採れたのですが去年あたりから造成され
明日葉畑になってしまいポイントが限られた場所になって
しまい申し訳ないことをしました。m(_~_)m

八ヒラは年々厳しくなっていると言われていましたが、
本当に実感した年になりました。

ノコはやはり5月下旬~6月中旬がいいのかもしれません
が、天候が不安定なので天候を読んで行くのは本当に
難しいと思います。

俗に晴れた日が2日以上続かないと難しいそうです。

今月下旬に今回の採集行最後のサプライズがあると
思いますので楽しみにしていて下さい。


お疲れ様でした。

いやいや、お疲れ様でした。
羽田では、ギリギリまでお待たせさせたりして申し訳ありませんでした。
また、謙虚に先輩などと・・・とんでも御座いません!
Seabatさんは、ネブト沢山、くわたけさんは、ヒラタ沢山
と皆さん種は違いましたが沢山採られていましたね。
凄い事だと思いますよ!
また、蝶の採集でクワガタ採集の時間を割いてしまい、すみませんでした。しかし、全員ネット振って蝶をゲットした事はとても嬉しく思いました。
また、お供させて下さいね。

tosさん
材の下のカミキリは私も初めて見ました。
興味があって持ち帰りました。

肉食系は多いです。ムカデも大きいですし。
ヤスデがマイマイを食べているシーンを1度見ましたが、クワが食べられているシーンはみませんでした。

おつかれさまでした。
全種制覇おめでとうございます。

腐葉土を食べて黒くなっているカミキリ幼虫は初めてみました (^^;

クワ幼虫が材を起こしただけで出てくるということはムカデ等の肉食系の虫がすくないんでしょうか?

こういった独特の生態系が新たな発見の連続で面白そうですね。
プロフィール

Seabat

Author:Seabat
よーこそ
 いらっしゃいましたm(__)m

まとまりの無いサイトですから過去記事でも遠慮なくコメント・TBしてくださいね(^^;;

ホームページ【色色】もよろしくお願いします。

カレンダー(月別)
05 ≪|2017/06|≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近のコメント
最近の記事
天気予報 はどうだろう?

-天気予報コム- -FC2-
全記事(数)表示
全タイトルを表示
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
リンクフリーです
相互リンクはご連絡ください
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。