スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家族で道南旅行:ニセコ・乗馬、大沼・散策

ホテルの朝食バイキングを、昨日と同じように皆好きなものだけをお腹いっぱい食べて出発です。

ウンーン・・・(今日も天気がいいぞー!)

ニセコひらふスキー場に到着。
ここで乗馬です。

ニセコ東山スキー場でも同じ系列の乗馬アトラクションがあり、そちらの方が規模が大きいようです。
が、、、予約いっぱいでひらふになりました。

馬に乗って、はじめは操縦(?)の練習です。
歩け!、停まれ!、右~、左~。

良く調教されているので簡単ですが、馬毎に個性があるそうで気は抜けません。
練習が終わると、冬はゲレンデとなっている草地に出て行きます。

西部劇の1シーンのように馬に乗って自然の中に入る感覚はなかなか気持ちの良いものです。
もちろん、ガイドさんが先頭としんがりでロープを曳いているのですが(^^;

羊蹄山を見ながら草原を闊歩する30分の乗馬はアッと言う間に終わってしまいました。
中学生以上だと1時間コースも選べるのですが仕方が無いことです。
早く中学生になってね! もっと乗りたいからさ(^^;

さて、そろそろ大沼へ移動しなければなりません。
ナビは130K走れ!と指示してます。

早く着いてのんびりすることにしましょう。

ウンーン・・・

下道だけですが2時間少々で大沼公園に到着。

駒ケ岳を見ながら大沼ならではの景色を満喫できそうな「島巡りの道」という散策路を歩きます。
このコースは大沼に浮かぶ小さな島々を串刺しのように巡る道です。

風景は勿論綺麗でしたが、コースの途中で鴨の母子が水草を食べている所が見れたのが印象的でした。
小鴨は9羽も居て、みんな同じ動きをするのが可愛らしかったです。

1時間余りの散策を終えて、今晩の宿に向います。

ウンーン・・・

今日の宿はホテル内のコテージです。
子供達はログハウスの雰囲気が気に入ったようで、ハウス内で飛び跳ねてます。
親も回りに気兼ねせずに済みますのでログハウスはお気に入りです(^^;;

ログハウスがある森を散策したり、ハンモックにゆられたりと木陰の涼しい午後を楽しみました。

夕食は大沼公園まで出て食べます。

ウンーン・・・

和風ながら地元のものを出してくれるお店だそうで、特に大沼名産のジュンサイを使った料理とヌマエビの塩蒸しが美味しかったです。

ウンーン・・・

コテージに戻り、ホテル本館の大浴場で疲れを癒します。
露天風呂は目の前に池があって、お風呂が繋がっているような錯覚になり、大変気持ちの良い雰囲気でした。

コテージに戻るとすっかり日が暮れて静かな森になっていました。

テーマ : 北海道旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Seabat

Author:Seabat
よーこそ
 いらっしゃいましたm(__)m

まとまりの無いサイトですから過去記事でも遠慮なくコメント・TBしてくださいね(^^;;

ホームページ【色色】もよろしくお願いします。

カレンダー(月別)
07 ≪|2017/08|≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近のコメント
最近の記事
天気予報 はどうだろう?

-天気予報コム- -FC2-
全記事(数)表示
全タイトルを表示
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
リンクフリーです
相互リンクはご連絡ください
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。