スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユーカリを食べるハムシ (Trachymela sp.) その2

昨年夏に同じ種と思われる固体を採集された方とありがたいことに連絡を取ることができました。
その中のお話ですと大阪の個体は(Trachymela sloanei (Blackburn, 1896))とのこと。
早速、ここここそしてこの文章を見てみましたが同じようです。

追記:
タイプ標本との同定を進めて頂くことになりましたので、それまでは Trachymela sp. として記述します。

ユーカリのハムシ 樹上を歩く個体<

ドキュメントに書かれていた内容の内、実際に幼虫の姿、木の皮の隙間での活動を観察できました。
ユーカリのハムシ 幼虫   ユーカリのハムシ 樹皮の捲れで活動

幼虫の体色は茶と黒に近い抹茶色をしており、鳥の糞の擬態のように見えます。
捕獲直後に口から吐しゃしましたが、その吐しゃ物は成虫の糞尿と同じくユーカリの香りそのものでした。
蛹の様子が見れるか飼育してみようと思います。(仕事場で(^^;)

ユーカリのハムシ 食後に葉の上で一休み   ユーカリのハムシ 捕まらないぞ!!

食べる葉は若葉が好みなのか枝先に付いている一番若そうな葉から食べているようです。
葉上の成虫は食べて、休んで、チョコチョコと歩き回って、食べて、、、を繰り返しているようでした。

本日の確認
成虫6個体(内3頭採集)
幼虫1個体採集

このハムシの仲間は移入種(外来種)ということになりそうです。
インターネット上の写真やドキュメント類はアメリカが発信しているものが多く見かけられますがオーストラリアからアメリカ、ヨーロッパと広がっているようです。

ここでもホストのユーカリノキの木が植えられてから相当年数が経っていると思われること、おびただしい数の成虫の確認、そして今回幼虫も採集できたことからここで累代していると考えて間違いないと思います。

大阪での発見も含めて、決して2箇所だけの話では無く、ユーカリを植林した場所なら日本でも普通に居るのかも知れません。

現在、移入種(外来種)の指定リストにこのハムシは入っていないようです。
【移入種指定リスト】
・コロラドハムシ Leptinotarsa decemlineata
・キベリハムシ Oides bowringii  
・キムネクロナガハムシ Brontispa longissima  
・ミカンカメノコハムシ Cassida obtusato  
・ヒロヒゲツツハムシ Diaachus auratus  
・ブタクサハムシ Ophraella communa

ユーカリ以外への害がどれほどかわかりませんし、生態系全体として考えた場合私には残念ながら判断する力量がありませんが少なくても移入種指定リストへ登録され研究・監視されることを願います。

で、次は何をすれば良いのでしょうね(^^;
まじめな報文書くのかな(^^ゞ
スポンサーサイト

テーマ : クワガタ・カブトムシ
ジャンル : ペット

ユーカリを食べるハムシ (Trachymela sp.)

先ほど5頭確認、3頭採集できた。
eucalyptus tortoise beetle


eucalyptus tortoise beetle   eucalyptus tortoise beetle


ユーカリノキハムシ   ユーカリノキハムシ

足の裏は吸盤のようです。

正式学名調査中。。。

虫がいるうちに専門家に見てもらった方がいいのかなー。

テーマ : クワガタ・カブトムシ
ジャンル : ペット

テントウムシ?

良い天気(^^
議事堂前交差点


赤いカミキリでも出てこないと官邸脇のバンブー坂をゆっくり歩くが見つからず。。。
首相官邸横のバンブー


そのまま議事堂の脇を通って前の公園に突入。

これが佐藤錦だったらなぁ。。。
さくらんぼ


アオスジアゲハや黒いアゲハ、モンシロチョウ、トンボなどを確認しながら甲虫を探すと
トホシテントウ。
トホシテントウ


目に飛び込んだ「ユーカリ」の木、コアラでもいないかと覗き込んでみると、、、
ユーカリの木


葉に食べた跡を見つけて近くを探すとテントウムシのような奴がいた。
ユーカリの葉を食べているテントウ

手に乗せると直ぐに脱糞(><
ところが、それがユーカリの葉100%だからユーカリオイルそのものの匂いで良い香り(^^;
でもユーカリって毒が無かったけ???

ユーカリの葉を食べていたのは何と言うテントウムシ?か調査中です(^^;
「トラキメア」というオーストラリアに住むユーカリノキを食べるハムシのようです。
もう少し詳しいことがわかりましたら掲載します。

テーマ : クワガタ・カブトムシ
ジャンル : ペット

ハンミョウ採集

新芽を探しに群馬の山を上っていると目の前を素早く歩く虫が通る。
ほぼ条件反射でパッと右手を伸ばして捕まえた。

指の間からそーっと覗くと強面の顔が見えた。
似た顔が家にある虫の図鑑の表紙になっていて見慣れた顔。
「ハンミョウだ(^^」
マガタマハンミョウ(Cicindela ovipennis.)

実はハンミョウを生まれてこのかた採集したことが無かったのです。
生まれ育った場所が自然とは縁遠い埋立地や街中だったこともありますし、そもそもハンミョウは人を刺す虫のように思っていので旅先で出会っても近寄る事はありませんでした。

帰ってこのハンミョウを調べてみると
上翅の模様に「まが玉」のような模様があることからマガタマハンミョウ(Cicindela ovipennis.)だとわかりました。
ハンミョウの中でも羽が退化していて飛べない種類らしく、羽がある種類と比べると動きが鈍いため手掴みで捕まえられたのかも知れません。

この個体は本来なら4つあるマガタママークが3つしかありません。
右上翅先端の模様が消えていてバランスが悪いですが気に入ってます。

テーマ : クワガタ・カブトムシ
ジャンル : ペット

ネクイハムシの仲間

湿原の水芭蕉を舞台に、恋の季節を迎えているネクイハムシの仲間が居ました。
キヌツヤミズクサハムシ(スゲハムシ)Plateumaris sericea.   水芭蕉に付くキヌツヤミズクサハムシ(スゲハムシ)Plateumaris sericea.


見ていると体色の変化が多くて、少し採集しただけでもメタリックではあるものの金色・赤胴色・赤紫・紫・紺・青などの個体があり、一頭として同じ色が無いように見えます。
(参考まで未展足で失礼(^^; 色合いの違いがわかると良いのですが)
キヌツヤミズクサハムシ(スゲハムシ)Plateumaris sericea の色変わり

この虫には体色に保護色とか警戒色とか異性へのアピールといった意味は無いのでしょうかね。
実に自由きままというか、どんな仕組みで色の変化になるのか不思議です。
自由奔放そうな割には怖がりで、近くに寄ると手足を閉まって死んだマネ(擬死)をして水芭蕉の葉の根元まで滑り台を下るように落ちていく様子が可笑しかったです(^^

この時期、この湿原には
オオミズクサハムシ(オオネクイハムシ) Plateumaris constricticollis.
キヌツヤミズクサハムシ(スゲハムシ)Plateumaris sericea.
の2種類が居るようなのだが残念ながら同定ができませんでした
ネクイハムシの同定は難しい(><)・・・

追記
るどるふさんに同定方法が記載されているネット上の文献(『日本産ネクイハムシ亜科の絵解き検索による同定』林 成多著)をご紹介いただき、同定してみたところキヌツヤミズクサハムシであることがわかりました。

マクロカメラをフルに活用し楽しませて頂きました。
るどるふさん、教えて頂きありがとうございましたm(__)m

○上翅端の外側にトゲは無く、会合部間室は翅端前で途切れている(①参照)。
[ミズクサハムシ属確定]

○肢も含め体全体に金属光沢をおびており、触覚第3節は第2節よりやや長く(②参照)前胸背板の中央線は深い溝状(③参照)で尾節板の先端が窪む(④参照)。
[キヌツヤミズクサハムシ(スゲハムシ)Plateumaris sericea. と同定]

キヌツヤミズクサハムシno
キヌツヤミズクサハムシの同定2

テーマ : クワガタ・カブトムシ
ジャンル : ペット

コルリクワガタ新芽採集へ

午前中はチャレンジタイム。
新しい場所を求めて記載地や植生を参考に気になる場所へ兎に角行ってみる。

まず途中禿げた場所もあって眺めはいいこんな場所。
遠く雪山・・・

頂上まで上がったが新芽は終わっていた。
伸びた芽も齧り跡が無く、傾斜も急かな。
もっと下がいいかも。また来年(^^;

次はこんな場所(^^;
雪渓が綺麗だなぁー

TVの取材が来ていて観光客へインタビューしてます。
仕事休んで来ている身ゆえ、映らないように注意しながら探索(^^;;
が、新芽は終わってました。居るのかな?雰囲気も???(^^;

さて、そろそろお昼です。
先週と同じ場所へ行ってみます。
おー、いきなり先週は見れなかった「ペア」が本日最初のコルリクワガタです。
ペアのコルリクワガタ

こっちも。
ペアのコルリクワガタ

オスがメスの前に出ているのは、下から来る他のオスからメスを渡すまいと守っているようです。

オッ! カエデ以外で初めて着いているのを見つけました。
トネリコに付くコルリクワガタのメスです。
トネリコのコルリクワガタ

今日は2頭のメスがトネリコに付いているのを確認しました。
他は全てカエデか飛行中の採集で、ブナは一頭もいませんでした。

ここでのコルリクワガタは72♂♂49♀♀(12:30~15:00)でした。
どうやら発生ピークが来ているようです。
コルリクワガタの発生ピークか?

採れないと一日中でも探すのに取れ過ぎは飽きてしまいますねぇ、勝手なもんです(^^;
ピルケースの分だけ持ち帰らせてもらって後はリリース。

日没まで別の虫の採集と山菜採りで遊ばせてもらいました。

テーマ : クワガタ・カブトムシ
ジャンル : ペット

4日間連続でコルリクワガタが採集できたカエデの木と別尾根の様子

コルリクワガタの新芽採集の時期としてはまだ少し早いと思われる時期に4日間連続して採集できたカエデの木。
コルリクワガタが良く着いた楓

芽の状態が周りと比べても良いこともあるが、テーブルの形をしたブナの森の一番端にあり、俗に言う「林縁」に相当する場所でスポットライトが当たるような感じで空が開いていて日当たりも良い。
また、もしかしたら根元の複数の倒木が発生源なのかも知れない。

その間に同じ山系でピークの反対側にあたるブナの森ものぞいてみたが、標高が200m高いこともあるのかまだ10日程遅れているような印象だった。
1400mのブナの森

麓の駐車場から登り1時間半かかることもあって人気も無く静かな場所だった。

テーマ : クワガタ・カブトムシ
ジャンル : ペット

山菜「こごみ」を初採集

春の山菜採りで今年も新しいものを採ることができました。
それは「こごみ」です。

昨年までも何度か「これがこごみ?」と気にしてはいましたが他のシダの芽と区別が付かず、見てみぬフリをしてきました。
ところが先週末に登った山で、教科書のように生えている「こごみ」を見つけることができ、初採集することができました。

下の写真の左側に写っている4本に分かれた魔法使いの杖のような植物が「こごみ」です。
こごみ


「こごみ」の採集は全てを抜かずに1~2本は残すことがマナーのようです。
沢など湿潤な場所を好むようで、この場所も沢の落ち葉が体積した沼地のような場所でした。
自宅に持ち帰っててんぷら、御浸し、煮物にして頂きました。
クセが無く食べやすい山菜です。

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

カエデの新芽でのコルリクワガタ採集

この週末にコルリクワガタの新芽採集へ出かけました。

時期がまだ少し早かったようですが何頭か見れました。

楓の新芽の下でメスを待ち伏せしているコルリクワガタのオス。
楓(カエデ)で待ち伏せするコルリクワガタ


楓の新芽を吸うコルリクワガタのオス。
楓(カエデ)に着くコルリクワガタ  楓(カエデ)に着くコルリクワガタ


他にも飛行中のオスや新芽を吸っているメスがいました。
ペアリングの様子が見れませんでしたが、数が増えてくればきっと普通に見れるでしょう。

この場所のコルリクワガタは楓(カエデ)の新芽に着く様子が見れます。

ブナの新芽での採集が有名で一般的だと思いますが、ここでは良い状態のブナの幼木の新芽が群生していてもコルリクワガタを見つけることができません。
今回も是非ブナの新芽で探そうと、目を皿のように探しましたが、やっと「いた!」と思ったらコメツキムシでした(^^;
ブナに着くコメツキムシ

トネリコもありますが同じように見つかりません。

ここのコルリクワガタは楓が好きなんですよ。
コルリクワガタにも嗜好があるんでしょうね(^^

テーマ : クワガタ・カブトムシ
ジャンル : ペット

六本木散策

東京は久しぶりのお日様!
清清しい五月晴れの中、虫と同じくまちかねていたようにお昼休みの散策に出かけました。

行き先は六本木。
アマンドを見るとふた昔以上前の思い出が走馬灯のように思い出されます(^^;
六本木アマンド


そんな交差点を曲がって東京ミッドタウンをお尻にして歩くとコケの多いウエットな公園がありまして、枯れ木が好きな虫が集まりそうな枯れ木があるのです。
スダジイ  ウンリュウヤナギ


見かけた甲虫はゾウムシとゴミムシ。
どちらも元気良く歩き回っていました。
サルスベリのゾウムシ  朽木のゴミムシ


しっかり散歩を楽しんで帰り道にある六本木パックでプラコップを買って戻りました。

アッ!、食事するの忘れた!(^^;

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

なんじゃもんじゃ

今日は少々物々しくて騒々しい。
二階建てバス


そんな状況を尻目に何食わぬ顔で散歩をしていると、憲政記念館の横にある木が白い花を付けていているのが目に入り「虫でも居ないかな?」と近寄ってみた。
なんじゃもんじゃ ひとつばたご

残念ながら虫には全く興味を持たれないのかハチ一匹見つからなかったが、真っ白で細く分かれた花が集まっている様子はボンボリ飾りのようでなかなか素敵。
なんじゃもんじゃ ひとつばたご


何という木なのか樹木に掛けられている名前を見ると【ヒトツバタゴ(俗名 なんじゃもんじゃ)】
「なんじゃもんじゃ」だそうな(^^;

何ともファジーで曖昧な名前が気に入ってしまいネットで由来を調べてみると、
「タゴ」と呼ばれる樹木に似ているが、葉の付き方が複数ではなく単葉であることから「あれ?何の木なんだ? 一つ葉のタゴ?」と思わせることから「なんじゃもんじゃ」になったそうな。

私にしたら未だに多くの木が「なんじゃもんじゃ」なのだが、、、(^^;

いやいや、「タゴ」は知っているぞ!
「タゴ」の木とは「トネリコ」のことだそうな(^^

「トネリコ」と言えばその新芽は人間もコルリも大好物なのだ(^^

早く行きたいなぁ。。。

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

オガサワラネブトクワガタ採集

オガサワラネブトクワガタ(Aegus ogasawarensis.)材採集まとめ
オガサワラネブトクワガタ(Aegus ogasawarensis.)


父島でも母島でも赤枯れ材から採集できた。
父島では幼虫1頭(チチジマネブトクワガタ Aegus ogasawarensis chichijimaensis.)という情けない結果となったが、採集した赤枯れはモクマオウという本土で言う松に似た樹木の赤枯れであった。赤枯れの状態は湿度が過多なのか縦の繊維質が沢山残っているような材で、想像していたフレークか粘土状のものではなかった。
採集場所は尾根にある旧住居跡で採集した。

母島でも柔らかめの赤枯れの材から出たが樹木は分からなかった。
成虫が出た材からは必ず幼虫が出たが蛹は見つけられなかった。
幼虫の数はある程度まとまって採集できて1つの材から10頭を下回ることが無かった。
一番細い材で直径15cm程の太さのものから、太さが太いほど、また長さが長いほど出る可能性が高いように思えた。
材の朽木下部や樹皮との境の柔らかい部分を好んでいるようで、幼虫のフンと一緒になったフレーク状の部分で多くの幼虫を採集できた。
採集場所は谷部にあたる旧畑跡やそこを囲む森林の斜面や尾根など広範囲で採集できた。

父島のネブトはチビ以上に難しかった。

テーマ : クワガタ・カブトムシ
ジャンル : ペット

オガサワラチビクワガタ採集

オガサワラチビクワガタ(Figulus boninensis.)材採集のまとめ。

朽木内の空洞に棲むオガサワラチビクワガタ


主に直径15cm程のコクワガタが好みそうな材で採集した。
材の腐朽菌は白枯れ、赤枯れ、黒枯れのどのようなものでも採集できた。
硬さは手で簡単に砕けるような柔らかいものが良いようで、素手では無理そうな硬い材からは出てこなかった。柔らかさの程度は相当なもので、腐朽が進み縦の繊維だけになってしまったようなスカスカな材からも出てきた。

1つの材からは1個体が出てくるのが普通で、仮に腕程に長い材があっても1頭しかでてこないことが殆どだった。
流石に、直径が50cmを超えるような太い赤枯れの材から採集した時だけは成虫3頭と幼虫2頭を採集したが、個々の間隔はそれぞれ20cm以上は離れていた。

これらからの様子からチビクワガタ(Figulus binodulus.)の集団生活とは全く反対であり、独立して生活しているように見える。

採集場所(環境)は山の尾根でも谷でも大木が茂っていれば出てくるような感じで、何年か前に放棄された民家跡地のような自然へ戻っているような歴史の浅い二次林でも採集できている。

採集した個体数は父島・母島合わせてで成虫15頭、幼虫2頭。
蛹は全く見なかったが赤見を帯びた新成虫と思われる個体が数等混じっていた。

母島ではネブト材からも同時に採集できたが、普通はコクワ材を探すようなつもりで探すと見つけやすいと思われる。

テーマ : クワガタ・カブトムシ
ジャンル : ペット

オガサワラネブトクワガタ

20080501130622
雨の中で不安でしたが、母島でやっと会えました。
プロフィール

Seabat

Author:Seabat
よーこそ
 いらっしゃいましたm(__)m

まとまりの無いサイトですから過去記事でも遠慮なくコメント・TBしてくださいね(^^;;

ホームページ【色色】もよろしくお願いします。

カレンダー(月別)
04 ≪|2008/05|≫ 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最近のコメント
最近の記事
天気予報 はどうだろう?

-天気予報コム- -FC2-
全記事(数)表示
全タイトルを表示
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
リンクフリーです
相互リンクはご連絡ください
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。