スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南会津採集(初めての有名林道)

今年3回目となる採集だが、まちかねていた国道の冬季閉鎖が一部解除になりお陰で有名過ぎる林道に入れるようになった。
おまけに虫なお仲間達が、「今宵の夜空に月は無し」とばかりに南会津に多数向われる。

ならば、是非行かなくちゃ!(^^

今回はA氏と一緒。
20時過ぎには出発するという即行スタート。(競争じゃ無いんだけど(^^;;)

・・・ブーン!・・・

現地に着いて、いつものように街灯巡り。
が、、、いない。

途中、鳴き声がうるさいのと、100匹以上のオタマジャクシが孵ったモリアオガエル親子を元居た場所に帰す。

いつものように駐車場で仮眠するのかと思っていたら、
「ポイントまで行って、そこで寝ましょう」
とA氏。

ん、、、流石だ!

途中の駐車場ではG氏が仮眠されていた。
ご挨拶して真っ暗な山を突き進んで行く。

・・・ブーン!・・・

「おー、懐かしの林道だぁ!私はこの林道と愛称が悪くて、まだ中に入れたこと無いんですよ(^^;;」
と私。

そうなのです。

初めてこの林道にチャレンジしたのは2年前の夏の終わりこと。
その夏は伊南村で開催された「灯火採集イベント」に第一回、第二回とも参加していて、クワ採集が芽生えた夏で、この有名林道をネットで探し、家族でトライしたのが最初だった。
だが、この林道はそう甘く無く、「家族4人・宿泊セット・灯火セット満載」なボルボでも始めのピークさえ到達させてもらえなかった。

その後、どうしてもこの林道に入りたくて、半年以上の家庭内調整(戦略)の結果(^^;;、「小遣いで買えるならぁ」という条件付きで山登り用の車を持てる許可が出た。
そして、去年の夏にこのエスクードをネットで35野口英世で手に入れた。
早速、この林道にチャレンジしたのだが、通行止めだったり、ユンボが道を塞いでいたりで結局奥には入れず、その夏はずーっと手前のエリアで灯火ばかりしていたのだった。

ついにこれから憧れの林道に初突入するのだ!

・・・ブーン!・・・

ボルボで入った場所を難なくクリア! (ここで仕方なくススキを採って帰ったっけ・・・)

A氏「ここ路肩悪いから注意してください」
私「了解!」

・・・ブーン!・・・

A氏「そこをこっちです」
私「了解!」

・・・ブーン!・・・

「オォォ・・・!」
急ブレーキ!!!

ヘッドライトの明かりの中、急に目の間に現れた白い壁!

「雪ですかねぇ?」
と言いながら懐中電灯を持って車を降りる。

見ると峠の切り通しになっている林道部分が雪で埋まっていた。
10m程で雪は無くなるのだが、雪の厚さが3m以上あって、こちらから無理に入っても、下りになった林道の向こう側からは絶対に登って帰って来れない。

A氏「ポイントはこの先なんだけどなぁ」
私「どの位の距離ですか?」
A氏「4、5Kかなぁ」

仕方なく、取り合えずその場で明るくなるまで仮眠することになった。

朝5時過ぎに目が覚めた。と言うより、寝付かないので外に出た。
付近はもう明るくなっていて、鳥も鳴き出している。

ブラブラと付近を歩いてみた。
すると、数本目のカンバの幼木の根元に黒いものが地面に向って動いているのが見えた。
目のピントを合わせると・・・。

ヤッタァー!ヒメ♂だぁ!
初南会津採集だぁ!

そのヒメを手に、チョット自慢気にA氏を起こして見せた。

さて、本格的採集開始!

少し下でチョット藪こぎするも、、、いない。

車で少し移動し、明るい沢沿いでコルリを採集。
まだ、いるのだ。

その後、行き止まりや人工物が立ち並ぶ辺りまで探すが追加ならず。

コルリが採れた場所に戻ることにした。

すると、網を持ってヤナギの木を見ている御仁に会った。
「カミキリですか」と声をかけた私。
すると、御仁はA氏の顔を見て挨拶された。
KK氏だった(^^;;;
いやはや、ネットでは存じている方へ間抜けなお声をかけてしまい、、、お恥ずかしい(^^;;;
(どうぞ、宜しくお願いします)

お話をしていると、どうやらK氏を含め、お仲間がこの林道に入っているとのこと。
恐らく雪の壁の場所に居るのではないかと予想し、向ってみる。

・・・ブーン!・・・

案の定、車が2台停まっていた。
が、、、姿が見えない、、、

私「雪の先に行ったようですねぇ(^^;;」
A氏「行きましょう!」

(@@;;;;  流石だ!!

そう、進みたいのだ!

が、念のため、帰りにこの雪を登れそうか実際に試してみたところ、かなり難しいとわかった。

後ろ髪を引かれつつ、コルリポイントを見ながら下山することにした。

午後からは今晩の灯火ポイントを探しに行く。

今までのポイントではオオが採れていない。
そこで、新しいポイントを探すことにした。

地図で調べていた場所に行ってみる。
ここも、2年前にボルボで来ているのだが、途中まで入れただけで奥に入れなかった場所だ。
・・・ゲート封鎖だった・・・
A氏も何年か前に来たことがあるそうで、オオは標高的に難しいのではとアドバイスしてくれた。
そこで、少し戻ってみる。

・・・ブーン!・・・

探しながら走っていると、A氏が「灯火セットを預けている」というご老人が住んでいた場所に着いた。
車を降りてみるが、暫く人が住んだ様子が無い・・・。
感慨深げなA氏。

・・・ブーン!・・・

山までは遠いのだが、見晴らしの利く場所が見つかり今日のポイントとした。
さて、お仲間と待ち合わせの時刻が迫っている。
集合場所へと向う。

・・・ブーン!・・・

集合場所では既にご家族でC氏が待っていた。
何でも隣町で街灯採集しながら来られたようで、型の良いミヤマなどが何頭かケースに収まっている。
流石!C氏。

暫くしてAO氏が到着。
今回も里子を頂いしまう(^^;;
嬉しい、、、今度は南米のカブトムシ。
有難く頂戴しますm(__)m

他のお仲間達も集まっているようだ。
そろそろ日が暮れるので、準備のため私だけ移動することにした。

・・・ブーン!・・・

灯火セットの準備。
今回のテーマは、「誘蛾灯20W×2と爬虫類用紫外線蛍光灯20W×2のどっちが好き?」である。
19時40分灯火開始。

20時15分、ミヤマ♂が立て続けに2頭飛来。<誘蛾灯側>
20時30分、ミヤマ♂飛来。<誘蛾灯側>
20時40分、ミヤマ♀飛来。<圏外>
・・・寂しい・・ライトの方向を変えてみる
22時05分、ミヤマ♂飛来。<爬虫類用紫外線>
22時10分、ミヤマ♂飛来。<爬虫類用紫外線>

11時消灯。。。

シーズン初めなんでしょうねぇ・・・。
ライトの差が出るほどの内容ではありませんでした。
蛾は爬虫類用紫外線の方が多い気がしましたが、何度か試さないとわかりませんね。
ガックリしながら灯火セットの撤収。

街灯も少し見てみようかと思い、オオも来るという街灯を目指す。

・・・ブーン!・・・

「あれ?どこか見覚えのあるお姿」
やっぱり!
A氏であった。

ここでミヤマやコなどを何頭か採集していたそうで、みなさんが居る灯火の場所へ一緒に移動。

・・・ブーン!・・・

そこは、初めて入る場所であったが、有名な場所だけあって山の近さが断然違う。とても近い!
その近い山をスポットライトで照らしている。
私の前代的な灯火とは全く違う世界であった。
おまけに屋台も出ている。C氏が店主だそうで、みなさんご機嫌(^^;;

最先端の現場を拝見して、またしても経験値が上がったような気がする。
今回も内容の濃い採集となり、充実感一杯で家路につく。

・・・ブーン!・・・

が、私のガソリン切れで途中のパーキングで5時間近く爆睡、どうにか午前中に自宅に着いた(^^;;
スポンサーサイト

テーマ : クワガタ・カブトムシ
ジャンル : ペット

再び南会津コルリ採集

昼間は里子会で、夜から南会津へ(^^;
今回もA氏とK氏が地元の最寄り駅まで来てくれて出発!

里子会でのお話や、八丈島での採集話など楽しい会話満載で現地に向かいます。

・・・ブーン!・・・

早速街灯採集開始。
一番最初のポイント近くでK氏がミヤマ♂を早速採集。
今年初めてのミヤマは雄々しくて立派だった。
流石K氏!

その後は何箇所か周るも残念ながら追加ならず。
まだ少し早いのかなぁ。

途中、田んぼ近くでカエルが道を横切るのを見て、田んぼを懐中電灯で照らしてみると、畦に泡のようなものが沢山あることに気がついた。カエルは緑色で大きい♀に小さい♂が乗っかっていた。
モリアオガエルだ。
K氏と私で1prづつ採集した。

いつもの駐車場で仮眠。(モリアオガエルが鳴き、寝付けない。)その後、頂上付近でコルリを探す。

が、、、いない。

探せど探せどいない。

アレ?A氏とK氏の姿が見えない?
確か奥に進んでいったはずで車に戻ったとは思えないけど、念のため車に戻ってみる。
やはり戻っていないようで、もう一度奥に進む、進む、進む、、、が見つからない。
ここで深追いは間違いのもとだと思い、車に戻る。

が、、、いない。

少し早いが一人で昼食。
そして仮眠。

1時間程後であろうか、K氏が戻ってきた。
どうやらA氏は奥に進んでいるようだ。
「あの林道まで徒歩で行くのだろうか?」
「ちゃんと帰って来れるのだろうか?」
など、二人で心配しつつも「大人なんだし(^^;;」ってことで、雪解けの状態が進んでいるもう少し下のポイントへ行ってみたくて、K氏と一緒に行くことにした。

・・・ブーン!・・・

ここは前回採れた場所よりは標高が高いが、先ほどのトップからは車で5分とかからない場所。
なるべく地表が多く顔を出した場所から探してみる。

すると、いる!

ポツポツとだが採集できた。
やはり雪が溶けてから10日から2週間程経った場所から発生しているような気がする。
雪が残っている状態では出られないのだ。

10余り採集しつつ、K氏がA氏が降りてきていないか折を見て山頂麓の駐車場へ見に行く。
2回目か3回目の迎えでA氏が車に乗っていた。

場所を移動し、少し藪コギのあるポイントへ行く。
前回はボーズだったのだが、今回は少し期待しているがどうだろう?

A氏とK氏は来る途中で熟睡。
それではと私だけで行ってみる。

が、、、いない。
(イヤ、見つけられない(^^;;)
仕方なくタラの芽採集に精を出す。
二番芽ながら一抱えほど採れたので戻ることにした。

車に戻ると両氏が起きて、これから行くとのことで、もう一度トライする。

するとA氏から「いたよ~!」の声。
流石A氏!

近くで探すと、私も一匹見つけられた。

かなり奥の方まで入ったところで
「ここでクマに会ったんだよ。」
とA氏。

そうか、ここでしたか。
だからここは通称「クマのポイント」なのね(^^;;

ここでは、少ないながらも追加して下山。
コルリは雪の融けた場所から順番に発生しているようで、今年は爆発しそうもないなぁ。

帰りに中華料理屋さんで、チャーハンとラーメンを食べてお腹いっぱい。
今回もクワの数以上に勉強になる採集でした。
また行きましょうね!

・・・ブーン!・・・

テーマ : クワガタ・カブトムシ
ジャンル : ペット

里子会&バーベキュー&クワレスリング

今日は里子会(^O^
はじめての参加で緊張しながらも楽しみなイベント。
上の子と一緒に、

・・・ピューン!・・・

会場の受付でA氏とご挨拶。
差し入れのビールを渡して会場に。
今日の里子のリストが渡された。
中身はクワガタ・カブトの他、アカハラやトウキョウサンショウウオまで入ってる(@@

顔見知りの方の近くで椅子を出し、少々早いが少し飲みながら、子供と里子のリスト見る。
この里子会は、希望する虫毎にゲームなどで決めていくのだが、メインは子供。
従って、私が欲しいクワをリストで指で指しながら子供にお願いするのだ(^^;

そんなことをしつつ、バーベキューを楽しむ。
鉄板の上で、沢山の食材が煙と共にお腹をくすぐる香りを出している。
美味しい(^^
楽しい(^^

暫くするとクワガタのレスリングが始まった。
赤コーナーと青コーナーに分かれてクワガタを戦わせるそうだ。
「やってみたい子!」
「ハーイ!」
何と、うちの子供が手を上げた。

もう一人も決まって、いよいよクワレス開始!
私は、写真を撮るべくウロウロしていたせいか、その戦況は見れなかったが、息子側のクワガタが勝ったようだ。

「おめでとう!さぁ、里子の何が欲しいかな?」

「エッ、勝ったら里子を選べるの!?」
これは凄いことになった!
あれだけのリストの中から自由に里子を選べるのだ!

息子は少しはにかみながらもハッキリと言った。
「イモリ」

「?!?! イモリ?!?!?」
そうだった・・・、爬虫類が好きだったんだ・・・。
パンサーカメレオンもサキシマキノボリトカゲも彼がご主人様だし・・・。
妻に何と言えば良いのだろうか・・・言い訳を考えなくちゃ・・・。

嬉しそうにアカハライモリも持って子供が戻って来た。
私「良かったなぁ(^^;;」
息子「サンショウウオと迷ったんだけどイモリにしたんだ!(^^v」

結局、この後のジャンケン大会では「トウキョウサンショウウオ」は手に入らなかったが、
どちらかのお子様がゲットしたものをしっかり1匹頂戴してきていた。
息子「うちの人が「飼えない」って」

そうだろう、それが案外普通なんだぞ・・・。
妻への言い訳がまた1つ増えた。

それでも、ジャンケン大会では私にも沢山の里子を連れてきてくれ私にとっても素敵な一日となりました。

それに素敵なお仲間グループへのお誘いを頂いたし(^^

さて、帰りながらゆっくりと言い訳考えるかぁ(^^

・・・ピューン!・・・

テーマ : クワガタ・カブトムシ
ジャンル : ペット

北関東コルリ採集(リベンジ編)

さて、2週間前に行った北関東は、行ってみると「コルリには少し早いのでは?」と薄々感じていた。
そこで、今日は「家族でリベンジ、コルリクワガタ タコ採れツアー!」を決行。

・・・ピューン!・・・

2週間前は、盛りを過ぎた感じながらその風情を楽しませてくれたが、今日の水芭蕉はすっかり「葉」だけになっていた。

前回採れた場所を見てみる。
葉が伸び、コルリも見れない。

前回残雪が多く入れなかったブナ林に入る。
良い感じのカエデの幼木がある。

「おっ、居た!」
「こっちも居る居る!」
「居たよ!」

何と1本の木で5匹も採れた。
まだこの林に入ったばかりだと言うのに(^O^v

その後も見る木、見る木でコルリを採集。
子供でも手が届き、100円網があれば十分なシチュエーション。

途中、子供が木を揺らして全て落としたり、クマと思しきフンを見つけてはしゃいだり、大きなブナの大木で隠れん坊をしたりと、採集は二の次状態だったが58♂♂ 37♀♀の計95頭を採集できた。

♀は5頭だけお持ち帰りで、後は全てリリース。
♂は色形の違いを観察させてもらうために全てお持帰り。

時期と競合者が居なければ休日でも楽しめるものなんですね。

テーマ : クワガタ・カブトムシ
ジャンル : ペット

プロフィール

Seabat

Author:Seabat
よーこそ
 いらっしゃいましたm(__)m

まとまりの無いサイトですから過去記事でも遠慮なくコメント・TBしてくださいね(^^;;

ホームページ【色色】もよろしくお願いします。

カレンダー(月別)
05 ≪|2006/06|≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近のコメント
最近の記事
天気予報 はどうだろう?

-天気予報コム- -FC2-
全記事(数)表示
全タイトルを表示
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
リンクフリーです
相互リンクはご連絡ください
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。