スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カメレオン:一匹づつの飼育

2頭のベビーを一緒のケースで飼育していましたが、片方の成長が早く、威嚇も行動も目だってきたので心配していました。
このことをカメレオン飼育の先輩に聞いたところ、『よくある話』とのことで早めに分けるようアドバイスをいただきました。

そこで、小さい方を汎用飼育ケースに移しました。
セットの内容は今までと同様ですが、水滴が落ちる場所に水受けとしてプリンカップを置き、水溜りをつくるようにしてみました。

生活環境が変わりましたので、暫く水飲みとエサ食いの様子を観察して注意します。

『爬虫類は単独飼育が原則』なんですね。

新しいセットを作るためにエサを爬虫類ショップで買ってきましたが、たまたま同じパンサーカメレオンのアダルト(大人になっている)ペアが売りに出されていました。
初めてアダルトを見た妻は、
妻:『あんなに大きくなるんだぁ!?』
私:『そうだね。あんなもんでしょ(^^;』

・・・値段が見に入る・・・
妻:『うちも子供出来たら売れば?』
私:『・・・』

確かに、生まれた数だけ『単独飼育』じゃスペースも含めて飼育が大変かも知れませんね。
その前にとにかく1年飼ってみて、飼育に慣れてから考えるかな。
スポンサーサイト

テーマ : 爬虫類
ジャンル : ペット

サキシマキノボリトカゲ 西表島 (Japalura polygonata ishigakiensis)

学名だと石垣島亜種となっていますが、体色は石垣島よりも西表島の方が少し地味かも知れません。

サキシマキノボリトカゲ(西表島)



普通のトカゲは、お腹を掏るように歩きますが、キノボリトカゲはお腹の下に空間があります。つまり足が少し立っているんです。

普段はほとんど動きません。気に入った場所があるようで、いつも同じ場所に居ます。
エサを食べるときは動きますが、アッと言う間に食べてしまいますのでなかなか活動しているところを見れません。

体のトゲトゲが恐竜のようですよね。

テーマ : 爬虫類
ジャンル : ペット

パーソンカメレオン アンバンジャ (Calumma parsonii ((AMBANJA))

マダガスカル島には沢山の種類のカメレオンが住んでいます。
我が家ではその中のパンサーカメレオン(Calumma parsonii)を2頭飼育中です。

一口にパンサーカメレオンと言っても、住んでいる地域などで体色などの違いがあり、区別するために住んでいた地域を表記することがあります。
このカメレオンの親はアンバンジャ(AMBANJA)というところに住んでいました。
生まれは日本です(^^

パーソンカメレオン飼育ケース


飼うには、温度や水、エサの他にストレスに弱い生き物なので落ち着ける環境が必要になります。
・ケースの左側はスチーム発生装置
・ケースの上部には紫外線蛍光灯2灯、ハロゲンランプ1灯、水滴が落ちる仕掛け
・ケース内左下にはエサのヨーロッパイエコウロギとそのエサ
・ケース下地はスポンジとミズゴケその上に通路や寝床になるツル(野ブドウのつる)や造花

パーソンカメレオン飼育ケース


カメレオンは体の色を数秒で変化させてしまうので、隠れるのは上手です。

パーソンカメレオン2頭


水分は飼育ケースの上部から『ポタン、ポタン』と水滴が落ちるようになっていて、その下の葉っぱなどの雫を舐めています。

それとは別に水蒸気を入れて湿度を保てるようにしています。

パーソンカメレオン飼育ケーススチーム


寝るときは、尾っぽを丸めて寝るんですよ。
可愛いでしょ(^^

パーソンカメレオン眠い

テーマ : 爬虫類
ジャンル : ペット

サキシマキノボリトカゲ Japalura polygonata ishigakiensis 飼育中

日本にはアガマ科のトカゲはキノボリトカゲだけで3亜種住んでいます。
その中のサキシマキノボリトカゲ(Agamidae Japalura polygonata ishigakiensis)が家に2匹居ます。
イエコのMを主食にし、ミルワームも時々食べているようです。
比較的低温にも強いようで、このところの冷え込みで室内温度が10度を切っても元気にしています。
もっと加温して飼育することもできるのですが、産卵のためには『冬』を感じさせると良いようで、あえて室内温度管理にしています。

もっともオスメスの区別が未だにわからないので産むかどうかはわからないのですが(^^;;

テーマ : 爬虫類
ジャンル : ペット

パンサーカメレオン ベビー 脱皮中

オスが家に来て3度目の脱皮中。
脱皮直後に体が大きくなるような気がしますがきのせいかなー。

それまで小さなメスと一回りほど大きかった印象が二周り程に差が開いたように見えます。

皮がまだ剥がれきれていないので情けない状態です。
カメレオンも気になるようで、枝や葉などに体を擦り付けて、自ら剥離を促す行動をしています。

色は普段と同じか、少し白色をしている。

エサの減りが少し早くなったようで、SSサイズのイエコがドンドン減っています。
メスがまだ小さいからSサイズには上げたくないんですがね。
混ぜるかー(^^;;

テーマ : 爬虫類
ジャンル : ペット

プロフィール

Seabat

Author:Seabat
よーこそ
 いらっしゃいましたm(__)m

まとまりの無いサイトですから過去記事でも遠慮なくコメント・TBしてくださいね(^^;;

ホームページ【色色】もよろしくお願いします。

カレンダー(月別)
09 ≪|2017/10|≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近のコメント
最近の記事
天気予報 はどうだろう?

-天気予報コム- -FC2-
全記事(数)表示
全タイトルを表示
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
リンクフリーです
相互リンクはご連絡ください
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。