スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沖縄旅行 3日目 万座毛・首里城・ひめゆりの塔

時間と先立つものがあればもっと長居したいところですがとうとう最終日。

北部の入口に位置する恩納村から南下します。

まずは、途中にある万座毛へ。
バブリーな頃に何度か泊まったことがある万座ビーチホテルを横目に断崖絶壁から海を眺めます。
沖縄に初めて来た27年前から何回か見ている風景のためか懐かしささえ感じます。
ここの私は落ち着いて見れない活気あるおみやげ屋さんは値引き上手な方には面白い場所なんでしょうね。

高速に乗って、途中の日本最南端の中城パーキングで休憩。
ここで売っていた「ヤギのミルク」に挑戦するもあえなく撃沈、、、カナダのロッキー山脈で食べたステーキと同じ臭いなんですよねー(><
長男は平気の平左衛門、そこで残りを全て飲んでもらいました(^^;

高速を那覇で降りると首里城は目の前。県営のパーキングに停めて見学開始。
順路に従い公園に入ると直ぐに守礼乃門が出迎えてくれます。
沖縄 守礼乃門
次男が是非見てみたい場所に挙げていて夢中でシャッターを切っていました。
首里城内はスタンプラリーをしながら工事中の有料エリアを除いて一回りしてきました。

首里城を出てモノレール儀保駅近くで「ぎぼまんじゅう」を探して道行くおばさんに聞いたところ「引っ越したよ」のこと。
引越し先を丁寧に教えていただき無事モノレール首里駅近くにあるお店にたどり着きました。
大きめの中華饅頭で表面に大きく「の」の字が書かれていて中身がつぶあんのおまんじゅう。
包装の葉の香りなのか、ほのかに南国風な香りとともに美味しくいただきながら南下しました。

ひめゆりの塔で献花しつつ「戦争」についてしっかり目を向けた後は、近くの琉球ガラス村が最後の見学場所。
次男の趣味であるガラス製の置物や飾りのコレクションを増やすために立ち寄りました。

14時過ぎにレンタカーを返却して那覇空港で名残惜しげにソーキソバを食べ、15半にテイクオフ。
帰りの飛行時間は2時間なので往時より1時間も短く18時前には羽田の到着口を出れました。
18時半のエアポートバスで20時に自宅到着。
愛犬ロッキーが熱烈歓迎で迎えてくれました。

家族旅行での沖縄は西表、石垣、宮古、そして本島の4箇所目ですが、今回も思い出深い記憶を作れました。
次回は何処へ行こうかな。
スポンサーサイト

テーマ : 沖縄旅行
ジャンル : 旅行

沖縄旅行 2日目 やんばる学びの森

中1長男の「カヌー(カヤック)に乗りたい」、小5次男の「川か海に飛び込みたい」、
そして私の「未採集のマルバネクワガタの生息地を見てみたい」
そんな願いがかなってしまう正に今回の旅行のメインイベントがここやんばる学びの森

午前中はやんばるの自然を学んで森の中へトレッキング。
沖縄 やんばるトレッキング
アカハライモリやカエルの仲間が繁殖期に入っていて、あちこち出会えます。
が、反面それを餌とするヘビも活発で、特に昼間はヒメハブが活動しているのでガイドさんの後ろを進みます。
やんばるの生き物の楽しいお話を聞きながらトレッキング。
暖かかったせいかキノボリトカゲが成体2頭、幼体1頭も出てきてくれて、これにはガイドさんもビックリ。
ゴールの映画「ゲゲゲの鬼太郎」でウェンツ君鬼太郎が住んでいた家まであっと言う間でした。

受付にある標本を見ながら「マルバネクワガタもこんな場所で生きているんだ」と納得のやんばるトレッキングでした。
オキナワマルバネクワガタ

沖縄の家庭的な昼食を美味しく頂いたら、午後はカヤックと沢登りで遊びます。

初めてのウエットスーツは家族から「Mr. インクレディブルのボヨヨーンな感じ」と言われながらも何とか着れて一安心。ライフジャケットも着用して準備完了。
車に乗って米軍の演習場敷地内に入りカヤックのスタートです。

カヤックは2人乗りなので、今回は子供同士と夫婦に分かれて早速乗船です。
ガイドさんに習ってダム湖を怪走。
暫くすると慣れてきて、オールでみずかけ合戦までまできるようになります(^^;

ワイワイと騒ぎならもダム湖の奥にある川幅が両手を広げた位の清流に上陸。

その流れの中を水中眼鏡で覗くとリュウキュウアユが沢山泳いでいるのが見れます。
残念ながら沖縄本島のユウキュウアユは絶滅してしまったそうで、ここのは奄美大島から持ってきたものだそうですが順調に生息してくれているそうです。

そんな清流をどんどん奥へ進みます。
大人でも背の立たない淵を渡ったり、小さな滝をロープを伝って登ったり、思いっきり清流で遊べるこのコースは子供だけでなく大人までもが冒険心をくすぐられますよ。

ちなみにこの日の気温は23度(2010-02-01)。
ダム湖より清流の方が水温が低いのですが、ウエットスーツのおかげで全く問題なしでバシャバシャと遊べます。
東京じゃ雪が降ろうかというのに(^^

アッと言う間に冒険いっぱいの日もおしまい。

ペコペコになったお腹は朝日レストランのステーキでガッツリと補給(^^

夜遅くまで開いている地元のスーパーに立ち寄り、地のものをいろいろ物色してホテルへ戻りました。

この晩はカヤックが原因で首や肩周辺の筋肉疲労がひどくなってしまいなかなか寝れませんでした。
運動不足ですねぇ(^^;

テーマ : 沖縄
ジャンル : 旅行

沖縄旅行 1日目 海洋博公園(美ら海水族館)・今帰仁城

家族で沖縄に出かけてきました。

初日は朝の4時に起きて羽田から飛び、那覇には9時半過ぎの到着。

那覇からはレンタカーを借りて、宿泊する恩納村のSPA RESORT EXESまで高速道路を端から端まで走破して11時に到着。
ここで少し早い時間ですが休憩を兼ねてゆったりと昼食です。
2泊をこのホテルで過ごしましたが、久しぶりに「良いホテルに泊まった」と実感できる素敵なホテルでした。

お昼過ぎにEXESを出発してオリオンビール工場を過ぎ、名護市内を抜けて13時半頃に海洋博公園に到着。
公園内は美ら海水族館以外はイルカショーなども無料なんですね。(太っ腹)
まずは何はともあれ美ら海水族館から見学です。
目玉の「黒潮の海」をテーマにした水槽はジンベイザメやマンタ、サメなどの大型の魚が優雅で壮観。
美ら海水族館 ジンベイザメ
愛嬌のある姿が楽しめる「餌の時間」を見終えて外に出るとイルカショーが2箇所で行われていました。

一つはイルカに目隠しをして目的の棒を探り当てるという音波の能力を説明してくれるショーなのですが、関東近郊の施設じゃ信じられないほど超至近距離でイルカが見れます。
海洋博公園 イルカショー

もう一つはジャンプいっぱいのショーです。
海洋博公園 イルカショー

ショーが終わって、公園内のビーチなどを散策しましたが半日ではとても回りきない場所でした。
設備も充実していて雰囲気も素敵なのでお気楽、ご気楽海水浴が楽しめるのではないでしょうか。

日没を過ぎて出発し、10分程で今帰仁城に到着です。
ここは日本一早い桜の開花として有名で、この日も丁度桜まつりの最中で、桜と一緒に城内がライトアップされ綺麗な夜桜が楽しめます。
沖縄 今帰仁城 桜祭り
露天の「アグー(地豚)の肉まんじゅう」を食べながら幻想的な灯と桜の香りで春の到来を楽しみました。
沖縄 今帰仁城ライトアップ

夕食は名護市内の宮里そば
営業は20時迄のようですが、19時45分には券売機の電気を消して、その後の来客を断っていました。
あと5分遅かったら食べられなかったと思うとラッキーだったのかな(^^;
泡盛の香りいっぱいの島とうがらしをたくさん振りかけて「アー、この味!、この味!(^^」。
骨付きのソーキ、骨なしの三枚どちらのそばも美味しくて丁度良いボリューム&リーズナブルで大満足。

ホテルに着き、風呂を出るとマクラが2つとクッションが1つあるリッチなベッドで、家族の中で一番最初に夢の世界に出発してました(^^;

テーマ : 沖縄旅行
ジャンル : 旅行

宮古島旅行 その0

明日から宮古島へ出かけようと準備してます。

ですが、、、

台風が来てまして、飛行機が飛ぶかどうか、、、(^^;;

テーマ : 国内旅行記
ジャンル : 旅行

沈下橋

沈下橋
出先では地図にあろうが無かろうが脇道を見つければ入っていくことが使命となってます(^^;

ここはそんな地図に無い林道にあった沈下橋。

写真では全く雰囲気が伝わって来ませんが、深いUの字になっていてチョットした滑り台感覚で面白い場所でした。

あのー、話題はあくまでも沈下橋ですよ、沈下橋。
(この辺りにしてはいい場所でしょ、チョット距離があるんですけどね(^^;);

テーマ : 旅行、旅、ドライブ
ジャンル : 旅行

プロフィール

Seabat

Author:Seabat
よーこそ
 いらっしゃいましたm(__)m

まとまりの無いサイトですから過去記事でも遠慮なくコメント・TBしてくださいね(^^;;

ホームページ【色色】もよろしくお願いします。

カレンダー(月別)
09 ≪|2017/10|≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近のコメント
最近の記事
天気予報 はどうだろう?

-天気予報コム- -FC2-
全記事(数)表示
全タイトルを表示
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブログ内検索
リンク
リンクフリーです
相互リンクはご連絡ください
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。